LMS実際サイト

 

LMS業務管理代理店

 

WEBCON-SHOP

 LMS-Web 構築・運用・管理
 

DNS Small Cloud


Web Hosting・Net Shop・CMS・LMS
 

オンライン状況

オンラインユーザー12人

カウンタ

COUNTER35711
NetCommonsとは
NC-LOGO
使い方マニュアル

一般モジュールについては、NetCommons2.0オンラインマニュアル
使い方も含めて記載してあります。ご覧ください。
管理用のモジュールについてはNetCommons2.0管理者用マニュアル
記載してあります。

NetCommonsはCMS(Contents Management System)と
LMS(Learning Management System)とグループウェアを統合した
コミュニティウェアです。
NetCommonsによって簡単に構築できるサイトとして、次のような
ものが挙げられます。

    •    e-ラーニングサイト
    •    NPOやNGOのためのバーチャルオフィス
    •    共同研究・学会活動のポータルサイト兼グループウェア
    •    オフィス用グループウェア
    •    ソーシャルネットワークサービス

具体的には、大学等の研究成果公開サイトの構築、小中高校の学校Web
サイトの構築、SOHOなど多様な働き方をする人を支援・統括するための
グループウェアとしての導入、NPOのポータルサイト兼バーチャルオフィス、
同窓会サイトとしての導入などが考えられます。

NetCommonsサイトの例をいくつかリンクリストの形でトップページから
ご紹介しています。参考になさってください。

特徴

NetCommonsには、外部配信向けのポータルサイトの機能(パブリック
スペース)個人のバーチャルオフィスとしての機能(プライベートスペース)、
グループの情報共有のための機能(グループスペース)が1つのシステムの中
で統合されています。

パブリックスペースはメルマガの配信、お知らせの掲示、広告などの機能を
持たせることができます。

プライベートスペースでは、会員それぞれのネット上のオ フィスとして、
ファイルを保存したり予定表を管理したり、非公開の日誌をつけたりする
ことができます。

グループスペースは「授業」「共同研究」「委員 会」「ミーティング」
「関心空間」などの目的で活用することができます。
NetCommonsの操作は、メールに添付ファイルをつけて配信する、という
インターフェイスにあわせてあります。
管理者は短時間で主要ブラウザで閲覧可能な美しくデザインされたサイト
を構築することができます。また、一般参加者は短時間で操作方法を習得
できます。

基本的な使い方

NetCommonsの画面をデザインする基本的な手順は次のとおりです。

    1.    セッティングモードをONにする
画面右上の「セッティングモード」をクリックし、モジュール追加セレクト
ボックスを表示させる。

    1.    モジュールを編集する。
  (2.1) 新しくモジュールを追加するには、モジュール追加から追加したい
モジュールを選択する。
手順に従ってモジュールを編集する。
  (2.2) 既にあるモジュールを編集するには、編集するモジュールの右上に
ある「編集」あるいは、編集するモジュールにマウスオーバー時に表示
されるスパナアイコンをクリックする。
手順に従ってモジュールを編集する。

    1.    ページを編集する。
  (3.1) 新しくページを追加するには、メニューモジュールの「編集」
ボタンをクリックし、「カテゴリ追加」、「ページ追加」を行う。
  (3.2) ページを編集するには、メニューモジュールの「編集」ボタン
をクリックし、編集したいページを選択する。

    1.    モジュール編集を終了する。
画面右上の「セッティング終了」をクリックする。




Copyright (C) 1998-2015 ウェブコンサルティング株式会社 All rights reserved.